ピアノ調律や修理に関してお困りのことはありませんか?

仕事と資格

音楽に関わる仕事

小さい頃から音楽に関わる生活をしてきて、この先も音楽の世界で生きていきたい、仕事をしていきたいと願う人は多くいると思います。もちろん音楽の世界には楽器を演奏するという演奏者の仕事もありますが、演奏者ばかりが音楽の世界の住人ではありません。楽器を調律する立場で関わる人もいます。ポピュラーなところで言うと、ピアノの調律師が一般的でしょう。ピアノの調律をするにはそれなりの専門知識が必要ですし、すぐになれるというわけでもありませんが、生涯ピアノに携われる素敵な仕事だといえるでしょう。

調律師の資格

ピアノの調律師には専門の資格が必要なように思われがちですが、意外にも国家資格を取らなければならないといった資格制度がないのが実情です。ですので、学校などを卒業していない調律師がいても違法ではないのです。しかし、複雑なピアノを理解し耳の訓練を積むためにも、現在の日本では専門学校に入るのが一般的です。

調律学校

ピアノの調律学校に入るには学力検査、適性検査があることが一般的です。ピアノの調律学校を卒業後の進路は、楽器店・調律事務所に所属する人や、ピアノの製造工場などにピアノの技術者として所屬して仕事をする人が多いようです。もちろんピアノの調律学校を卒業してすぐに独立することも可能ですが、その場合にはピアノの調律をするお客さんも自分の力で探さなければならず困難です。ピアノの調律する以外にも音楽業界にある程度の人脈を作ってから独立する人が多いのはそのためです。ピアノの調律師として独立するには覚悟が必要だといえます。