ピアノ調律や修理に関してお困りのことはありませんか?

ピアノについて

ピアノ業界のいま

ピアノを持っているお宅やお子さんが習っているというご家庭でも、現在のピアノ業界について知る機会は少ないのではないでしょうか。なかなかそういった情報は、自分から積極的にサイトを見て調べたりしなければ、ピアノの先生からも聞くような機会は少ないでしょう。時代とともに移り変わるピアノ業界の現在はどのようなものなのでしょうか。

ピアノの文化

最近、ピアノの調律師さんからよく聞く話が定期的なピアノの調律予約が取りにくいということです。どのような環境であってもピアノがそこにあるかぎり音律が低下して調律が必要になるのは避けられないので、定期的な調律は必要です。にもかかわらずその調律の予約が取りづらいのはなぜなのか。そこには調律を始めとするピアノのメンテナンス知識の欠如や、母親から子へ受け継がれないピアノ文化などが上げられます。

現代のピアノ事情

日本が高度成長をしていた1954年から1973年の間はピアノにとっても高度成長の時期でした。爆発的にピアノが売れ、どの家庭でも子供にピアノを習わせるという一種の流行のようなものができたのです。その時期には調律も多く依頼があり調律師も比較的安定していたようです。調律師がいい仕事をするには調律を学び一人前になるまである程度の調律の経験が必須です。そういった調律の腕を磨く場がたくさんありました。しかし、ピアノの勢いが現在に受け継がれることはなく、今では調律などのメンテナンスにも手間ひまをかける家庭が少なくなってきているのが現状です。調律の必要性は全く変わらないのは言うまでもないことです。