月別アーカイブ: 2016年8月

音質の良さはピアノの命

【音質を保つ】
使用すればするほど音質が変化してしまうのがピアノです。ピアノ上達のためには日々の練習が欠かせないことはもちろんですが、それ以外に「正しい音を聴く」ことも重要な要素です。ピアノ調律をせずに使い続けると、ピアノの音は次第次第に下がり、音階が狂い始めます。ピアノを弾く際にピアノが本来持つ美しい音色と正しい音階を意識することは、音感を鍛えるために大切なことです。耳で聞いた音楽を再現することはピアノの腕を上げるために欠かせないことですが、音階が狂っているピアノで練習を続けると音感も狂ってしまいます。

【ピアノは精密】
ピアノにはとてもたくさんの木材が使われています。それらの木材に布や革、硬質な金属でできた弦を組み合わせることで、ピアノの内部は構成されています。ピアノの音律が狂う原因は主に弦の張力が変化したり、弦自体が伸縮してしまったりすることです。また、湿度が高い場合には、木材自体が伸縮して音の狂いの原因となることもあります。これらのトラブルは、ピアノを設置している環境によって引き起こされる場合があります。

【ピアノの管理】
ピアノを設置する場所では、できるだけ室温や湿度に変化を生じさせないことが、ピアノの音律を狂いにくくして長持ちさせる条件です。エアコンやストーブの熱、窓からの日差しが直接当たらないよう注意しましょう。ピアノは非常に繊細な楽器ですが、適切に管理して大事に扱えば何十年と使用できます。ピアノ本来の性能を発揮させるためにも、ピアノ調律は欠かせません。少なくとも1年に一度はピアノ調律を行うことをお勧めします。

ピアノの寿命を引き延ばすために

ピアノの管理
ピアノはとても繊細な楽器ですので、日ごろのお手入れや環境状態によっても音が変わってしまいます。そのような時にピアノ調律が必要となるのですが、これはピアノを管理していく上でもとても重要な作業と言えます。ピアノ調律は単に音を再調整するだけと思われる方々もいらっしゃるかもしれませんが、けっしてそんなことはありません。ピアノ調律を行うことで、飛躍的にピアノの寿命を延ばすことができるのです。

ピアノ調律の必要性
本来、ピアノ調律は例え念入りにお手入れを行っている方でも、定期的に必要となる作業です。経年劣化などはどうしても完全に防ぐことはできませんので、致し方ないと言えるでしょう。しかし、もし日ごろのお手入れなどを怠っていればピアノ調律が必要となる時期のペースはだんだん早くなってしまいます。放っておくと湿気やホコリなどが溜まり、もはやピアノ調律というよりはピアノ修理が必要になるケースもあるのです。

ピアノを長持ちさせるためには
やはり最も望ましいと言えるのは、日ごろのお手入れをしっかりとした上で定期的なピアノ調律の依頼をお願いすることです。せっかく多額の費用を出費して購入したピアノが、すぐに寿命となってしまえばそれはとても勿体ないことです。なるべくそうさせないためには、少しでも不調を感じたらピアノ調律をするようにしましょう。長年ピアノを使用していなくても、お子様がいらっしゃるご家庭などではまたピアノを使用する機会も多くなる可能性がありますよね。そんな時に毎回購入していたら家計も厳しくなってしまう恐れがありますので、ピアノ調律は金銭的にも負担の少ない作業だと言うこともできるでしょう。