月別アーカイブ: 2016年4月

調律師の仕事

【調律師の条件】
調律師をしていくには、ピアノに対して愛情や、深い知識がないとやっていけません。愛情がなければ、その深い知識を頭に詰め込むことやそれで生きていこうという風に考えることが難しいからです。そして、一般的には専門学校や養成機関や音楽大学に入学して、その知識を得るという道がありますが、入学するには人並み以上の音感がないと入学が厳しいところもあります。そして、資格では国家資格としてピアノ調律技能士というものが有りますが、実はこの資格がなくても調律の仕事をしていくことができますので、調律を依頼される際にはご注意ください。
【ピアノ調律】
ピアノの調律というのは、ピアノの音のずれを修正する作業になります。ピアノを長年使っていると徐々に音が汚くなっていきますし、使っていなければ音の劣化は早いでしょう。整音作業は、繊細な音の聞き分け僅かなずれもその正確な耳と感覚により、美しい音色を取り戻します。しかし、人間にとって音と言うのは感じ方が人それぞれだと思います。一人の調律師が調律したとしても別の調律師はまた違った調律をするでしょう。正解不正解の線引きがあいまいなので、自分にあった調律師を見つけることが大事でしょう。
【修理】
ピアノの修理も物凄く気を使う作業で、オーバーホールなど作業が大変なものは工場に持っていく必要がありますが、簡単な作業であれば、その場で修理してくれる場合も有ります。しかし、傷をつけないことはもちろん、綺麗な音を出すために作業をするので、集中力のいる仕事ということで、一人きりで作業をしたいという方もいるでしょう。
綺麗な音にしてもらうためにも、調律師と信頼関係を築いていくことにより、ピアノをもっと楽しめるようになるのではないでしょうか。