月別アーカイブ: 2016年3月

信頼できる調律師を選ぶ

誰もがなれるかもしれない調律師

ピアノに触れてきた人の中には「将来は調律師になりたい」と思った方もいるのではないでしょうか。実は、調律師になるだけなら、すぐにでもなることができるのです。なぜなら、調律師になるためには資格を必要としないためです。しかしそうなると不安になるのが、その調律師の腕前です。近年ではピアノ調律師になるためには、専門学校に通って知識と技術を身に着けるのが一般的です。しかし学校ごとにカリキュラムは異なりますし、同じ学校内でもその腕前に差は出ます。もしもピアノ調律師をお探しなら、その評判や実績を事前に調べておくと未然にトラブルを防げることでしょう。

大事なピアノを預ける相手

ピアノは決して安い買い物ではありません。必然的に長く使うことになりますし、次第に愛着も湧くことでしょう。だからこそ、何か起きた時に信頼できる調律師を見つけておくと安心です。それでは、信頼できる調律師とはどのような人でしょうか。それは、腕前はもちろんのこと、きちんとしたサービスを提供できる調律師ではないでしょうか。例えば、どれだけ腕前が良くても法外な金額を請求されては困ります。逆に、お手頃な価格なのに調律だけでなく、その他のメンテナンスやクリーニングを行い、お手入れの方法まで教えてくれる調律師はどうでしょう。それはとても信頼できる調律師と言えるのではないでしょうか。

調律師はパートナー

ピアノはどうしても音の狂いが発生してしまうため、一年に一度は調律することが望ましいと言われています。長い間大事にしたいピアノは、それだけ調律の機会も多いということです。信頼できる調律師と出会うことは、自分とピアノの新しいパートナーを得ること。しっかりと調律師を調べておくことは、そんな自分にピッタリの調律師と早く出会うことにつながるでしょう。