月別アーカイブ: 2016年2月

ピアノが暮らしにもたらすこと

豊かな生活の中で
ご家庭の中でも、最近は色々な経験を子どもにさせようという親御さんが増えてきました。子どものやりたい仕事を、子ども自身で選ぶことを許されているご家庭が、平成の時代に入って多くなってきたように思います。そのためにも小さな頃から習い事に行くことを勧めているご家庭が多いのではないでしょうか。昔からある習い事の一つとして、ピアノが挙げられます。近所にお住まいで、ピアノ経験がある方がピアノ教室を開いていたり、楽器専門店が行うピアノ教室もあるなど、一所に留まらず多くの方にピアノは愛され続けているように感じます。よりピアノを習わせたいという思いから、ご自宅にもピアノを購入するご家庭が増えていることが、その理由と言えるでしょう。愛好家は自らピアノを調律してしまうほど、色々な人に親しまれているのです。ピアノの調律は難しいとされているため、始めたての方には少し難しい作業かもしれません。

安くピアノを購入した場合
ピアノはとても高価なものであり、使用されなくなった際に置き場所に困ってしまう方が多いことから、使用しなくなったピアノを楽器専門店で買い取ってもらい、新しくピアノを始めたい方が購入する場合があります。いつまで続けるかわからないが、子どもがやりたいことを応援したい気持ちから、購入を決める方も多いです。ですが、そういったピアノは中古ですので、いつピアノの調律が必要になってくるかはわかりません。ピアノの調律はピアノのお手入れ同様、とても繊細なものですので専門の知識が無くては大変難しい作業です。音感を鍛えようとピアノを頑張っていても、そのピアノが調律をされていなければ、間違った音で覚えてしまい音感を狂わせてしまいます。中古でのピアノを購入するなら、まずピアノの調律から始めましょう。

正しい音を続けるために
ピアノが調律された状態で、長年使用を続けていれば、弾いている際に音のずれを聞き分けることが出来ます。調子の外れたピアノは調律がされておらず、それでは練習にならないため、些細なズレも弾いている方は聴き逃しません。ピアノの調律が必要になった際には、すぐに分かるようになってくるほど、ピアノは音感を鍛えてくれる存在です。ピアノの調律が必要となった場合には、ピアノを調律することに優れた業者へ依頼をしていきましょう。ピアノを調律することで、よりキレイな音色がご家庭に響き渡ることでしょう。