月別アーカイブ: 2015年12月

いつまでも綺麗な音色で

お家にピアノがある家庭は少なくないのではないでしょうか。ピアノはこまめに調律をしなければならないもの。ピアノの調律を放置した時点からピアノの寿命のカウントダウンが始まっていると言われるほど、ピアノの調律は大切なのです。
ではなんのためにピアノの調律をするのでしょうか。
ピアノは調律をしないとだんだん音が下がってきます。そうするとピアノ本来の音色が出なくなり、それどころか汚い音色になってしまいます。ピアノを調律するというのは、汚くなってしまった音色を元の綺麗な音色に調節する作業です。ピアノの音程が狂ってしまう原因は大きく分けて2つあります。
一つ目は、ピアノの弦には常に20トンという力が加わっています。そのまま放っておくと弦自身がこの緊張を解こうとする動きが生まれるため、その結果弦がたるみ音色が狂ってしまいます。
二つ目は、一年を通して生まれる温度と湿度の変化。温度の変化は金属の部分や弦を拡張させたり、収縮させる原因に。湿度の変化は木の機械部分に影響を及ぼす原因に。これらの温度・湿度の変化でも音色を狂わせています。
定期的にピアノを調律することで故障している部分を早期発見することもできます。
またピアノを長い間使わないまま置いておくと、鍵盤からの力をハンマーに伝える部品が外からは見えませんが内部では壊れているという場合やハンマーのフェルト部分が虫に食われてしまっている場合も。当然こうなってしまったらピアノ修理も大がかりなものになってしまいます。こういった最悪の場合を避けるためにも定期的にピアノの調律や点検をする必要があるのです。
最低でも年に一回はピアノの調律をしてあげることが大切になってきます。
ピアノを調律することで、いつまでも綺麗なままの音色を保つことができます。