カテゴリー別アーカイブ: 未分類

良いピアノ調律は良い調律師から

【理想の調律師を探す】
ピアノは、放って置いても徐々に音が変化してしまいます。そのため定期的にピアノ調律をしなければならないのですが、ピアノの演奏者が必ずしも調律前できるとは限りません。むしろ、できない方のほうが多いと言えます。そのためピアノ調律を行うためには、その道のプロである調律師に依頼することになります。しかし調律師によっては、想像とは違う調律を行ってしまう事があります。そうなればピアノ演奏にも影響を及ぼしますので、信頼できる調律師を探すようにしてください。

【比較するポイント】
ピアノ調律を依頼する前にも、幾つかのポイントを比較する事ができます。調律師を選ぶ一つの指標となりますので、入念に準備するのがよろしいでしょう。主に、以下の点に着目して比較して見てください。
・経験・・・その調律師がどのような学校に通い、どのような調律の経験を積んできたのかを見ます。
・価格・・・必ずしも価格と調律の腕前が比例するとは限りません。しかし、極端に安すぎたり高すぎたりする場合は要注意です。
・周囲の評価・・・口コミなどで、過去の依頼主が何らかの評価を下している事があります。必ずしも信頼できる情報とは限りませんが、実体験に基づく貴重な情報が含まれていることもあります。

【調律師との相性を見極める】
ピアノ調律が家具や電化製品などの修理と異なる点は、感性も大きく左右するという点でしょう。ある程度の技術を身に着けていることは前提として、それ以上のことになりますと、依頼主と調律師との感性の相性が重要になるのです。そのため、人によっては最高の調律師だったとしても、他の人にとっては今ひとつな調律師だというケースもあります。こればかりは、実際に言葉を交わしたり、調律を依頼することによって見極めていくしかありません。そういった点でピアノ調律は特殊ですので、多くの調律師と出会い、理想の調律師を探すようにしてください。

アップライトピアノ独特の修理箇所

コンパクトなピアノ
ピアノと聞くと、コンサートホールなどにおいてあるグランドピアノを想像する方も多いかもしれませんが、ピアノ教室などで使われるピアノには、よりコンパクトなアップライトピアノを使われる場所も多いのではないでしょうか。
グランドピアノでは演奏者から見て奥の方へとピアノの弦が張られていますが、アップライトピアノはピアノの上から下へと弦が張られているのが特徴です。
このお陰で、アップライトピアノは鍵盤の奥行きにプラスしても数十センチ程度の奥行きしか取らないので、スペースに限りがある住宅内などで使われるピアノとしても打って付けのものです。

アクションに違いがあります
実はアップライトピアノとグランドピアノでは同じピアノながら音を鳴らすメカニズムが少し異なります。グランドピアノでは、鍵盤を押すと連動したハンマーが持ち上がってそのまま弦を叩き、鍵盤を離すとハンマーは弦を離れます。
アップライトピアノでは、鍵盤を押すとハンマーが弦を叩くのは同じですが、弦が垂直なので、ハンマーも鍵盤を離しただけでは元に戻りませんので、バネの力を利用して元の位置へとハンマーを引き戻します。

アップライトピアノ独特の修理
アップライトピアノの修理では、この鍵盤を戻すための機能が修理されることが多いようです。バネの力が弱くなると、鍵盤を離してももとに戻らず、つまり演奏に支障をきたすことになります。
こういったときは、ピアノ修理のプロに依頼して直してもらうと良いでしょう。

演奏者と調律師で音を作る

・調律の必要性
ピアノに限らず様々な楽器には調律をすることできれいな音を保ちつづけることが出来ます。しかし、調律の目的はそれだけではありません。楽器を演奏する奏者は自分の癖などに合わせた音に調律をする方もいらっしゃいます。調律とはそういった自分がこだわる音をだすために行うことでもあるのです。ピアノのような弦を張る楽器は使っていてもいなくても、弦が緩み、音が変わってしまいます。そのため定期的に調律を行うことでこだわりの音や、きれいな音色を保つことにつながるのです。

・ピアノ調律師
ピアノ調律師とは名前の通りピアノ調律をなりわいとする人のことです。ピアノは多くの楽器の中でも、演奏者と調律師が別々に存在する数少ない楽器です。そのためピアノ調律師は演奏者の求める音を作るための確かな技術を持っているのです。前述の通り、演奏者のなかには音にこだわりを持つ方は少なくありません。そういった方々一人一人の望む音を作り出せるピアノ調律師はピアノの世界に無くてはならない存在と言えるでしょう。

・調律も演奏の一部
ピアノ調律師は演奏者の事を理解し、演奏者の望む音を作り出すことが出来ます。音楽ホールなどには専属のピアノ調律師がいることもあり、そういったホールでの演奏は、演奏者にとって理想の環境と言えるでしょう。そういったことから調律も含めて演奏だと言う見方をする方が少なからずいるようです。演奏者の癖に合わせた調律が行われたピアノで演奏することが演奏者にとっては最高の環境と言えるでしょう。

調律の必要性

美しい音色を守る

ピアノは調律をしないでおくと、少しずつ音が下がってしまいます。原因は主に2つあり1つめは内部にはられている弦が徐々にゆるんでしまい、本来の音から狂ってしまうことです。2つ目は温度と湿度の変化です。温度の変化により弦が拡張や収縮します。また湿度の変化では木製の部分に影響を及ぼし常に音の狂いが発生してしまうのです。ピアノ調律はこういった音の狂いを防ぐために最低でも1年に1回は必要です。また買ったばかりの新しいものであれば、弦が伸び切っていないことが原因で安定しないので、1年に数回は必要になります。

内部も守る

ピアノ調律はなにも音の狂いを防ぐためだけにするのではなく、人間で言うと健康診断のようなもので、普段目に見えていない部分に故障や異常がないかを確認し点検することで、ピアノの寿命を伸ばしていくことも目的の1つです。定期的にピアノ調律を行うことで、同時にピアノのメンテナンスにもつながりピアノ自体も守ることができます。

害虫から守る
ピアノ調律を怠っていると内部にたまったホコリに害虫が発生します。その害虫が恐ろしいのはピアノを食べてしまうということです。ピアノには鍵盤の下や弦を押さえ音を止める装置にフェルトが使われていますが、この害虫はそのフェルトを食べてしまいます。このフェルトがなくなってしまうと音色や機能性が損なわれ修理にもお金がかかってしまい良いことはありません。このような被害からピアノを守るためにも、定期的に調律を行いましょう。

自分で出来る?

挑戦してみるのも一つの方法?
ピアノの調律と言えば高い技術と勘が必要な作業です。なにせ専門のピアノ調律師という人達が居るほどなので多くの方はそう考えているでしょう。しかし、自分でピアノの調律がもし可能であれば、自分好みのピアノの音に調整が出来るのではないか、と考える方も同じくらい多いと思います。しかし、ピアノの調律というのは決まった通りにやれば期待通りの音になるというものでもないのです。

勘が物を言います
ピアノの調律は、200本を超える無数の弦の一本一本を、少しずつ緩めたり、締めたりして音を調節しています。長年使用したピアノは弦が緩み、最初の音とは少しずつ変わっていってしまいます。高い音が少し低い音に、低い音はより低い音にとなると、同じ曲を演奏しても感覚が違うので練習も行いにくいでしょうし、まして演奏会などに使われるピアノでは致命的なことです。また、弦の張り方だけでなく、弦を叩くハンマーの摩耗具合も音に影響してきますし、設置されている場所やピアノを引く頻度などにより少しずつ調律の方法や力加減も変わっていくというものです。

電子チューナーもありますが…
実は、ピアノの調律に使うための電子チューナーという機器も販売されており、これを使えば200本以上の弦を素早く調整できる、と言われていますが、同じ音の弦でも少し緩めたものと締め込んだものを混在させて音に味わいをもたせたり、設置された環境の室温や湿度を考えながら調律を行うというのは、かなりの熟練を要します。やはりピアノの調律はプロの調律師に任せるのが一番確実なのではないでしょうか。

音質の良さはピアノの命

【音質を保つ】
使用すればするほど音質が変化してしまうのがピアノです。ピアノ上達のためには日々の練習が欠かせないことはもちろんですが、それ以外に「正しい音を聴く」ことも重要な要素です。ピアノ調律をせずに使い続けると、ピアノの音は次第次第に下がり、音階が狂い始めます。ピアノを弾く際にピアノが本来持つ美しい音色と正しい音階を意識することは、音感を鍛えるために大切なことです。耳で聞いた音楽を再現することはピアノの腕を上げるために欠かせないことですが、音階が狂っているピアノで練習を続けると音感も狂ってしまいます。

【ピアノは精密】
ピアノにはとてもたくさんの木材が使われています。それらの木材に布や革、硬質な金属でできた弦を組み合わせることで、ピアノの内部は構成されています。ピアノの音律が狂う原因は主に弦の張力が変化したり、弦自体が伸縮してしまったりすることです。また、湿度が高い場合には、木材自体が伸縮して音の狂いの原因となることもあります。これらのトラブルは、ピアノを設置している環境によって引き起こされる場合があります。

【ピアノの管理】
ピアノを設置する場所では、できるだけ室温や湿度に変化を生じさせないことが、ピアノの音律を狂いにくくして長持ちさせる条件です。エアコンやストーブの熱、窓からの日差しが直接当たらないよう注意しましょう。ピアノは非常に繊細な楽器ですが、適切に管理して大事に扱えば何十年と使用できます。ピアノ本来の性能を発揮させるためにも、ピアノ調律は欠かせません。少なくとも1年に一度はピアノ調律を行うことをお勧めします。

ピアノの寿命を引き延ばすために

ピアノの管理
ピアノはとても繊細な楽器ですので、日ごろのお手入れや環境状態によっても音が変わってしまいます。そのような時にピアノ調律が必要となるのですが、これはピアノを管理していく上でもとても重要な作業と言えます。ピアノ調律は単に音を再調整するだけと思われる方々もいらっしゃるかもしれませんが、けっしてそんなことはありません。ピアノ調律を行うことで、飛躍的にピアノの寿命を延ばすことができるのです。

ピアノ調律の必要性
本来、ピアノ調律は例え念入りにお手入れを行っている方でも、定期的に必要となる作業です。経年劣化などはどうしても完全に防ぐことはできませんので、致し方ないと言えるでしょう。しかし、もし日ごろのお手入れなどを怠っていればピアノ調律が必要となる時期のペースはだんだん早くなってしまいます。放っておくと湿気やホコリなどが溜まり、もはやピアノ調律というよりはピアノ修理が必要になるケースもあるのです。

ピアノを長持ちさせるためには
やはり最も望ましいと言えるのは、日ごろのお手入れをしっかりとした上で定期的なピアノ調律の依頼をお願いすることです。せっかく多額の費用を出費して購入したピアノが、すぐに寿命となってしまえばそれはとても勿体ないことです。なるべくそうさせないためには、少しでも不調を感じたらピアノ調律をするようにしましょう。長年ピアノを使用していなくても、お子様がいらっしゃるご家庭などではまたピアノを使用する機会も多くなる可能性がありますよね。そんな時に毎回購入していたら家計も厳しくなってしまう恐れがありますので、ピアノ調律は金銭的にも負担の少ない作業だと言うこともできるでしょう。

古いピアノと害虫被害

【古いピアノの存在】
「小さい頃ピアノを習っていたので家にピアノがある。習っていたころは年1回はピアノの調律をしてもらっていたけれども、誰も弾かなくなった頃から放置してある・・・」というお宅は少なくないと思われます。ピアノの調律は、1回約1万円強かかりますから、使用しないピアノの調律代を支払うのは勿体ないと思われるのは仕方のないことでしょう。しかし、日本のピアノは海外でも人気の高い優れた楽器です。きちんとメンテナンスを行えば何十年と使用できるのがピアノです。

【ピアノの調律の重要性】
ピアノには木材や金属、皮革、フェルト、プラスチックなどが使用されています。長年放置されているピアノ内部には埃が溜まり不衛生な状態ですので、害虫が発生する危険性が高まります。ピアノを構成している部材、特に木材は害虫にとって格好の餌です。ひどい場合にはネズミによる被害を受けることもあります。こういった害虫などからピアノを守るためにもピアノの調律は欠かせないのです。ピアノの調律は、ただ単に音を合わせているだけではありません。ピアノ内部のチェックも行っているのです。

【古くなったピアノを守るために】
ピアノを害虫などの被害を絶対に受けないように保護するのは、とても難しいです。しかし、人が使用している間は害虫が発生しにくい傾向にあります。人が使用しなくなり放置されたピアノは、害虫にとっては恰好の餌場です。何しろ、周囲を囲まれた安全な箱の中に餌がたくさんあるのですから。ピアノの内部で発生した害虫は、時が経てば外へ進出し、家屋に危害をもたらす恐れもあります。
たとえ使用しなくなったとしてもピアノはデリケートな楽器です。ピアノの調律だけでも続けられることをお勧めいたします。

本当は大事なピアノのメンテナンス

皆さんはピアノがデリケートな楽器だと言うことを知っていますか?ピアノは調律をしないと音が狂ってしまいます。なぜピアノの調律は必要なのでしょうか。

音が狂ってしまう二つの理由 まず一つ目。ピアノは木材や羊毛など天然素材で作られているため暑さや寒さ、湿気などにとても敏感な楽器なのです。常に調律をしないと正確な音が出ません。ピアノの調律は使用頻度にもかかわりますが、年に1~2回は調律をした方が良いです。それくらいの頻度で調律を行うと、常に最高の状態を保つことができます。二つ目はピアノの弦には一本に対し90kgもの力がかかっています。一台ではおよそ20tもの力が常にかかっていることになります。ですから長い時間が経つと少しずつ音が下がってしまいますので、音律の調整が必要となります。

定期的な調律 定期的に調律をすることで、故障の早期発見に繋がります。ピアノを弾かずに放っておきますと、酷い場合ねずみがピアノの中に巣を作って壊してしまうこともあります。そこまで酷くなくても鍵盤からの力をハンマーに伝えるアクション部分が内部で壊れている可能性もあります。またハンマーのフェルトが虫に食われることもあります。これらの修理は大掛かりなものとなり、多額の費用が発生してしまいます。こういった事態を避けるために定期的な調律によって、内部のチェックをする必要があるのです。

調律は健康診断 調律は人間でいうと定期的な健康診断と同じようなものです。自分の健康チェックができるように、調律によって大切なピアノの健康状態が分かります。ですから年に最低1回はピアノの調律をしてあげましょう。新しいピアノであれば弦が伸びきっておらず安定していないので、年に数回はやってあげましょう。調律は大切なピアノ本来の性能を発揮します。調律をしてあげなければその性能を発揮することはできません。また致命傷な故障の早期発見もできないのです。
ですから大切なピアノのために調律はしっかりしてあげましょう。

調律はお時間に余裕がある日にちで

お子さんがまだ小さいとき、初めての習い事にピアノを選んだというお宅も多いことでしょう。当時はその柔らかな音色で家に潤いを与えてくれたピアノも、時が経つにつれて触れることが無くなっていったというのもよくある話です。最後にピアノの音を聞いたのは何年前だっけという方、ピアノの調律は最近されていますか?たとえ年式の古いピアノでも、調律することで、美しい音色を保つことができます。

ピアノの調律、どんなことをするのか
ピアノが定期的なメンテナンスを必要とする楽器だというのは広く知られていることです。長い間弾いていなくても、少しずつ音が狂ってしまう、とてもデリケートな楽器のため、ピアノの調律は年に1度必ずしているという方も多くいらっしゃることでしょう。ピアノの中は見たことがあっても、調律中に何をしているのかはなかなかわかりにくいのではないでしょうか。ピアノの調律、整音は主に音を整える作業、整調はピアノのひき心地、タッチを整える作業のことです。内部の木やフエルトの消耗やズレをチェックするこの作業もピアノの調律において非常に重要といえます。ピアノの調律時には、このように整音や整調も一緒に行う必要があるといわれています。

ピアノの修理
ピアノ内部の消耗品については、場合によって部品交換や修理が必要になることがあります。何だか音が出にくい、鍵盤が一度下がるとなかなか上がってこない、などの不具合を体験されたことはありませんか?そんなときは調子が良くない部分だけ、ピアノ修理が可能です。定期的にピアノの調律をするのに加え、使用していて感じる不具合をピアノ修理で解消してあげることで、お子さんに買ったピアノをお孫さんへと受け継いでいくことができますよ。