カテゴリー別アーカイブ: ピアノ修理について

冬場のピアノ調律の注意点

呼吸するピアノ
ピアノは木材でできているため、常に室温や湿度に影響を受けて内部に水分を吸収したり、逆に吐き出す呼吸する楽器とも言われていますが、この性質のお陰で、不安定な環境に設置されたピアノは常にピッチが安定しないために、本来であれば温度湿度を管理された環境に設置することが望ましいとされています。温度は20度程度、湿度については常に50パーセント程度を維持しておくと良いと言われていますが、よほどの専用のお部屋でなければこうしたお部屋は無いお家の方が多いかもしれません。

冬場の室内の問題点
特に冬場は室内で石油ストーブを使われたり、夜寝る時には全ての暖房を切ってお部屋が氷点下近くまで冷え切ってしまうといった極端な変化をするので、注意が必要です。
調律については、本来いつ行なっても良いと言われていますが、こういった環境下で使用されるピアノは、いつ調律しても狂ってしまう場合が多いので、その辺りは調律師の方と話し合いながら進めていくと良いでしょう。

湿度の管理
温度管理はエアコンがあるとしても、湿度の管理というのはどうすればいいか意外と知らない方も多いようです。湿度、特に除湿の場合は専用の除湿機が販売されているので、エアコンを使わない時期でも湿度管理をしやすくなっています。また、冷暖房の時期ならエアコンの除湿モードを使うことで湿度が高すぎるお部屋に適したものといえるでしょう。
逆に湿度が低すぎる場合は、加湿する必要があります。これは専用の加湿器を用いるとよいでしょう。

ピアノの音色のために冬にできること

ピアノの調律の頻度は多くない
ピアノを持っていらっしゃる方は、定期的にピアノの調律を業者の方に依頼されていることとは思いますが、その頻度は人によって多少の差はあれど、平均すると1年に1~2度という方がほとんどだと思います。こうして見ると、ピアノはちょっとしたことで音が変わってしまうのに案外低いのではと思われる方も多いのではないでしょうか。しかし、ピアノの調律をするとなるとやはり大がかりな作業になるので、そんなに頻繁に行なうことは難しいということも事実。少しでもピアノの音程が変わらないようにするために、日頃からできることにはどのようなものがあるのでしょうか。

音が変わる最大の原因とは
ピアノの音色が変わってしまう原因となるのは、ピアノが置いてある部屋の「温度と湿度の変化」。ピアノの部品となるフェルトや木材といったものはこの2つの影響を多大に受けてしまうので、常に快適な状態を保つということが何よりも重要になります。そのような理由から、これから寒い冬の季節を迎えるにあたってもっとも注意していただきたいのは、ピアノの部屋での暖房機器の利用方法。ピアノの乾燥しすぎを防ぐために暖房機器からの風がピアノに直接当たらないようにするということは何よりも心がけていただきたいことです。ピアノの反響板などが乾いて収縮することになり、ピッチが下がってしまうだけでなく、ピアノそのものが壊れてしまう原因となります。

キーワードは「適温・適湿」
このように、ピアノの音色を守るためにいちばん注意しないといけないのは、部屋の温度と湿度を最適な状態に保つということが最も重要であるといえます。具体的な数字でいうと、温度は15~25度程度、湿度は50%程度を年間を通して保つようにしてあげることがいちばん良い状態であるといえます。ピアノの調律を欠かさないようにすることはもちろん、部屋の温度と湿度の管理にも注意するようにしましょう。

水没したピアノの修理

ピアノは、住宅に設置されると長くその場所で使われます。様々な家族の出来事にも立ち会いますし、家に何かがあると、その影響も受けます。

東日本大震災での津波はその一例です。
ピアノの設置されていた部屋に津波で海水が流れ込み、横倒しになったり、あるいはそのまま流されてしまったピアノもあるでしょう。
ピアノの主要な構造は木材で出来ています。海水を吸い込んで膨潤し、表面の塗膜が割れてしまう事もあります。
また、ピアノは通常、横方向の力が掛かることはあまり想定されていませんから、脚が割れてしまったりしたようです。

ピアノの弦は、金属製です。海水をかぶったまま放置すると、瞬く間に錆びてしまいます。そうなれば、元通りの音を奏でるのはかなりの困難を伴うはずです。

海水にかぎらず、ピアノは基本的に水に濡れるのを嫌います。万が一、雨漏り、水害などで水を被ったピアノは、なるべく乾燥させることが必要ですが、だからといってドライヤーやストーブなどの熱風を当てるのはお勧めできません。

急激な湿度の変化はピアノを傷めてしまいます。

デリケートなピアノの場合は、出来れば建物の2階以上など、高い場所に設置すると、水没などの被害から逃れることが出来るのではないでしょうか。

もし、水没してしまった場合は、早めに専門のピアノ修理業者にご相談されることをオススメします。もしかすると、そのピアノにピッタリの修理方法などを立案していただけるかもしれません。

ピアノの点検は定期的に行いましょう。

ピアノの調律や修理は専門家に任せるようにしましょう。ご自分でされることは避けたほうが無難です。実際に自分で直してみようとおもって、結局できず、壊してしまった、という例もあります。
安くは無い楽器なので、大切に扱いましょう。そんためにも、ピアノの調律や修理はピアノの調律や修理の専門業者に依頼してピアノの調律や修理をしてもらうことが賢明です。
ピアノの調律や修理というと、高いイメージがあり、ピアノの調律や修理をしてもらおうをおもうと、お金が掛かるという声をよく聞きますが、そんなことはありません。最近では、ネットで簡単に見積もりを作ったりして、比較することもできるので、そのような結果を参考にして、しっかりとピアノの調律や修理検討してみましょう。
そうすれば、どのピアノの調律や修理の専門業者がもっともてきとうか分かりやすくなりますので、是非利用してみてください。
ピアノの調律や修理というと、しなくても、ピアノが弾ければいいという方もいますが、それはよくないです。ピアノの調律や修理をしないと、ピアノの音が狂っていても分からなかったり、または、ピアノが直さなきゃいけない段階に来ていても、放置されて、されに壊れてしまったり、非道状態になると、おとが出るだけ、ということにもなりかねませんので、適切な時期にピアノの調律や修理をしてもらうことが大切です。
それがいつかですが、だいたい1年に1回はピアノの調律や修理で専門業者にピアノをみてもらうことが必要でしょう。
そうすればちょうどいい頻度でピアノの調律や修理を行い、ピアノが調子が悪い時はいつなのか、分かりやすくなるので、壊れる前に、直すことが可能になります。そのように早期発見を行っていくために、ピアノの調律や修理を定期的に行いましょう。

ピアノに憧れて

ピアノに憧れて

ピアノに憧れを持っている方は少なくないと思います。それほど、ピアノはポピュラーな楽器ということですよね。皆様の中で、子供時代、ピアノ教室に通っていた方もいらっしゃったのではないでしょうか。そこで先生に褒められたり、時には叱られたり、人によって、ピアノ教室に対する思い出は様々ありますよね。

ピアノの練習

さて、もっとピアノ弾きの能力を極めたいとして、日頃ご自宅でピアノの練習をされている方もいらっしゃることでしょう。ピアノ弾きというのは、最初のうちは慣れるまでが大変です。でも、慣れた暁には、ピアノを弾くのがとってもクセになると思います。もちろん、プロと比べると実力には差があるとはいえ、自分の思い通りにピアノを弾くことが出来るというのは、なかなか楽しいですよね。例えば、好きなドラマのテーマ曲だったり、好きなアニメの主題歌などなど。

ピアノの調律

でも、時にピアノを調律する必要があります。何故かといいますと、ピアノは月日が経つことによって、所々劣化してしまうことがあるからです。それを防ぐ為に、定期的に調律師をご自宅に招いて、ピアノの調律をお願いしているケースもあります。ピアノを調律してもらうことで、劣化した部分の早期発見にも繋がります。「調律師を呼ぶのが面倒だから」とお思いにならず、一度、ピアノの調律をお願いされることをオススメいたします。インターネットからでもお願いすることが出来ます。

季節に応じたピアノ調律

ピアノは他の楽器同様、周辺環境の影響をよく受けます。具体的には温度、湿度です。
特に湿度はピアノの状態を大きく左右する要素ですので注意が必要です。

そもそも、ピアノというのは湿度が調節された部屋に設置が望ましいとされています。ピアノを形作る木材には、目には見えない小さな穴がいくつも開いています。この小さな穴は、周辺の湿度が高ければ水分を吸収し、逆に周囲が乾燥してくると中に溜め込んだ水分を放出します。
水分を吸収、放出するのがどういう意味を刺すかというと、ピアノの木材が膨張、収縮するということに他なりません。詰まり、湿度が変化する部屋に置いてあるピアノは、一年間を通して大きさが変化しているということになります。

ピアノが音を奏でられるのは、ピンと張られた弦をハンマーが叩くからですが、この音を更に大きく響かせるのが響板という木の板です。また、駒という部品がピアノの弦を支えています。
これが膨張収縮をすると、音の響き方が少しずつ変わるため、音がずれてしまうのです。

本来であれば、ピアノを完全に湿度が調節された部屋に設置するのが好ましいとはいえ、一般の家庭では中々難しいことでしょう。

せめて、梅雨から晩夏の湿度が高い時期だけでも部屋で除湿機を稼働させるだけで、ピアノに対する影響は最小限になりますが、完全ではありません。
定期的に、専門のピアノ調律業者にお願いして、ピアノの調律をしてもらうことで、初めてきれいな音を年間通じて出せるようになるのです。

時間の空いたピアノ調律

ピアノ調律をしていますか?

ピアノ調律というと、わりと長い時間ピアノ調律に時間を取られることや、ピアノ調律師を家に招いたりしなくてはならないため、
なかなかピアノ調律に時間を割くことの出来ない人も多いのですが、実は多くの方がピアノ調律をかなり長い時間空けてしまっている可能性があります。最低でもピアノ調律は1年に1回は行ったほうが良いと言われています。
これは弾いていないからピアノ調律の必要が無いとか、そういったことは無く、弾いても弾かなくても、ピアノ調律はしなくてはならないのです。

何故ピアノ調律は必要なのか

ピアノ調律は何故必要なのでしょうか?ピアノ調律とひとくくりに言ってもピアノ調律は単純にピッチを直したりするというわけではありません。ピアノ調律をするということは、ピアノ調律以外にも若干のピアノ修理が含まれてきます。
ピアノのピッチだけではなく、響きはどうか?キズは無いか?ということまでしっかりとピアノ調律師に見てもらうことが出来ます。
ピアノ調律を怠ると、音が悪くなるばかりでなく、手入れ不足が祟って害虫などの住処にされてしまう可能性もあります。
こうしたことを防ぐためにも、ピアノ調律師のようなプロにピアノの様子を見に来てもらうことが大切です。

ピアノ調律は自分ではできない

もちろんですが、ピアノ調律師さんは特別な機械や道具などを用いてピアノ調律をします。
素人が簡単に出来るものではないのです。またピアノ調律は高音と低音であえて若干ズラしてあります。
こうしたことを考えると、ピアノ調律をするには耳の聞いた技術のあるピアノ調律師に来てもらうことが大切だということが分かります。

ピアノの調律は愛用のピアノを長く使うために必要です

ピアノは調律をしないと少しずつ音が下がっていきます。その結果、せっかく弾いても、音が汚くなってしまうことがあります。ピアノ修理のためのメンテナンスとピアノの調律はセットで適度な頻度で続けていかなければならないことです。
ピアノの調律は人間の場合で言う定期的な健康診断のようなもので、ピアノ修理はお医者さんに診てもらう、点検作業のようなものです。ピアノの調律をすることで、心地良い音色を保つことができ、また、ピアノ修理を続けることで、愛用するピアノをより長い期間使い続けることが可能となります。
ピアノの調律は最低でも年に1回してあげましょう。また、ピアノ修理は弦が切れたり、ペダルの調子が悪くなったり、不調が出てきた時点で、その都度してあげるようにしましょう。ピアノを調律することでピアノの本来の性能を発揮し、また、ピアノ修理に出すことで愛用のピアノを長生きさせることができます。ピアノの調律ですが、買ったばかりのぴあのであれば、現が伸びきっておらず、安定していないため、年に4回ほど診てもらうようにしましょう。また、ピアノ修理は壊れた都度することは当たり前ですが、長く使うため、定期的にメンテナンスに出して、未然に故障を防ぐことも大切です。
ピノの調律と、ピアノ修理は、愛用のピアノを長く使っていくために続けていかなくてはならない、定期的に続けていく「健康診断」または「人間ドック」のようなものであると言えるでしょう。

ピアノの調律はこの時期オススメです

ピアノは呼吸する楽器です

ピアノの本体は木材で出来ています。長い間の使用に耐えうる頑丈な木材ですが、実は呼吸していることをご存知でしょうか?
木材の表面には小さな穴が無数に開いていますが、この穴に空気中の水蒸気を吸い込んだり、あるいは周りが乾燥していると吐き出したりしています。
水分を吸った木材はわずかに膨らみます。ピアノの木材についても同様で、ピアノ全体は1年を通じて少しずつ大きくなったり、あるいは縮んで小さくなっています。

人間の目には見えないほどの小さな変化ですが、これが大きな問題になることもあるのです。

長さが変われば音が変わる

ピアノは鍵盤楽器と呼ばれ、鍵盤を叩くことでピアノの内部に張られた弦をハンマーで叩き、音を出します。
音を決めているのは元の長さで、弦が長くなれば低く、短くなれば高い音が出ます。
また、弦が張られている強さも、強ければ強いほどピッチが高くなり、緩いとピッチが下がる傾向にあるようです。
ピアノの調律ではこのピアノの弦の張り具合を調整することでピッチを調整しているのですが、湿度によってこの調整具合は変わるそうです。
ピアノの調律は、ほんの僅かな湿度の変化でも変わると言われていて、乾燥しているときは室内の湿度が低いのでピアノは乾燥し、縮みますし、あるいは梅雨時のように湿度が高い場合はピアノが膨張して膨らみます。
これにより、わずかに弦の張り具合に差がでて、ピアノの音を狂わせる原因になるのです。
そこで、半年に一度ピアノの調律を行うことで、湿度が高い時期、湿度が低い時期のピッチの狂いを防ぎ、ピアノの音が綺麗に、正しく出る状態を保つことが可能です。

1万個ものパーツ

ピアノ調律師
ピアノ調律師とは実際に会ったことはなくとも、言葉だけは聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。ピアノ調律師は文字通り、ピアノの調律をしてくれるいわばピアノのドクターみたいなものです。心音を聴くように、音を1音1音聴いては微妙な音色の調整をしてくれる音のプロです。ただ音色の調整だけではありません。ピアノに不具合があれば時には修理も行ってくれます。外科手術のみたいですね。このピアノのドクターであるピアノ調律師がいるおかげで、私たちはピアノの正しく美しい音色をいつまでも聴くことが出来るのです。

ピアノ調律師の数
ところでピアノの調律師が日本にどれだけいるかご存知でしょうか。免許登録制のお仕事ではないので、正確な人数はわかりませんが、社団法人日本ピアノ調律師協会のホームページによれば、国内のピアノが最低でも500万台、調律師の数は6千人ぐらい居るということです。ところでピアノ調律師は居ても、他の楽器では調律師という人が存在しません。同じ弦楽器のバイオリンにもです。それは何故か。それはピアノのパーツの数によるようです。

ピアノのパーツ
通常ピアノというのは88鍵の鍵盤がありますが、それに関わる弦の数は何と230本にも上るといいます。弦は1本1本長さや太さが違い、それらを引っ張る力を加減しながら調整していかなくてはなりません。また、ピアノ1台に使っている部品は、グランドピアノで1万個、アップライトピアノでも8千個あるといいます。これらの大量のパーツの不具合も見逃さず見たり
直したりするというのですから、専門的知識と技量がなくては勤まりませんね。