admin のすべての投稿

調律はお時間に余裕がある日にちで

お子さんがまだ小さいとき、初めての習い事にピアノを選んだというお宅も多いことでしょう。当時はその柔らかな音色で家に潤いを与えてくれたピアノも、時が経つにつれて触れることが無くなっていったというのもよくある話です。最後にピアノの音を聞いたのは何年前だっけという方、ピアノの調律は最近されていますか?たとえ年式の古いピアノでも、調律することで、美しい音色を保つことができます。

ピアノの調律、どんなことをするのか
ピアノが定期的なメンテナンスを必要とする楽器だというのは広く知られていることです。長い間弾いていなくても、少しずつ音が狂ってしまう、とてもデリケートな楽器のため、ピアノの調律は年に1度必ずしているという方も多くいらっしゃることでしょう。ピアノの中は見たことがあっても、調律中に何をしているのかはなかなかわかりにくいのではないでしょうか。ピアノの調律、整音は主に音を整える作業、整調はピアノのひき心地、タッチを整える作業のことです。内部の木やフエルトの消耗やズレをチェックするこの作業もピアノの調律において非常に重要といえます。ピアノの調律時には、このように整音や整調も一緒に行う必要があるといわれています。

ピアノの修理
ピアノ内部の消耗品については、場合によって部品交換や修理が必要になることがあります。何だか音が出にくい、鍵盤が一度下がるとなかなか上がってこない、などの不具合を体験されたことはありませんか?そんなときは調子が良くない部分だけ、ピアノ修理が可能です。定期的にピアノの調律をするのに加え、使用していて感じる不具合をピアノ修理で解消してあげることで、お子さんに買ったピアノをお孫さんへと受け継いでいくことができますよ。

調律師の仕事

【調律師の条件】
調律師をしていくには、ピアノに対して愛情や、深い知識がないとやっていけません。愛情がなければ、その深い知識を頭に詰め込むことやそれで生きていこうという風に考えることが難しいからです。そして、一般的には専門学校や養成機関や音楽大学に入学して、その知識を得るという道がありますが、入学するには人並み以上の音感がないと入学が厳しいところもあります。そして、資格では国家資格としてピアノ調律技能士というものが有りますが、実はこの資格がなくても調律の仕事をしていくことができますので、調律を依頼される際にはご注意ください。
【ピアノ調律】
ピアノの調律というのは、ピアノの音のずれを修正する作業になります。ピアノを長年使っていると徐々に音が汚くなっていきますし、使っていなければ音の劣化は早いでしょう。整音作業は、繊細な音の聞き分け僅かなずれもその正確な耳と感覚により、美しい音色を取り戻します。しかし、人間にとって音と言うのは感じ方が人それぞれだと思います。一人の調律師が調律したとしても別の調律師はまた違った調律をするでしょう。正解不正解の線引きがあいまいなので、自分にあった調律師を見つけることが大事でしょう。
【修理】
ピアノの修理も物凄く気を使う作業で、オーバーホールなど作業が大変なものは工場に持っていく必要がありますが、簡単な作業であれば、その場で修理してくれる場合も有ります。しかし、傷をつけないことはもちろん、綺麗な音を出すために作業をするので、集中力のいる仕事ということで、一人きりで作業をしたいという方もいるでしょう。
綺麗な音にしてもらうためにも、調律師と信頼関係を築いていくことにより、ピアノをもっと楽しめるようになるのではないでしょうか。

信頼できる調律師を選ぶ

誰もがなれるかもしれない調律師

ピアノに触れてきた人の中には「将来は調律師になりたい」と思った方もいるのではないでしょうか。実は、調律師になるだけなら、すぐにでもなることができるのです。なぜなら、調律師になるためには資格を必要としないためです。しかしそうなると不安になるのが、その調律師の腕前です。近年ではピアノ調律師になるためには、専門学校に通って知識と技術を身に着けるのが一般的です。しかし学校ごとにカリキュラムは異なりますし、同じ学校内でもその腕前に差は出ます。もしもピアノ調律師をお探しなら、その評判や実績を事前に調べておくと未然にトラブルを防げることでしょう。

大事なピアノを預ける相手

ピアノは決して安い買い物ではありません。必然的に長く使うことになりますし、次第に愛着も湧くことでしょう。だからこそ、何か起きた時に信頼できる調律師を見つけておくと安心です。それでは、信頼できる調律師とはどのような人でしょうか。それは、腕前はもちろんのこと、きちんとしたサービスを提供できる調律師ではないでしょうか。例えば、どれだけ腕前が良くても法外な金額を請求されては困ります。逆に、お手頃な価格なのに調律だけでなく、その他のメンテナンスやクリーニングを行い、お手入れの方法まで教えてくれる調律師はどうでしょう。それはとても信頼できる調律師と言えるのではないでしょうか。

調律師はパートナー

ピアノはどうしても音の狂いが発生してしまうため、一年に一度は調律することが望ましいと言われています。長い間大事にしたいピアノは、それだけ調律の機会も多いということです。信頼できる調律師と出会うことは、自分とピアノの新しいパートナーを得ること。しっかりと調律師を調べておくことは、そんな自分にピッタリの調律師と早く出会うことにつながるでしょう。

ピアノが暮らしにもたらすこと

豊かな生活の中で
ご家庭の中でも、最近は色々な経験を子どもにさせようという親御さんが増えてきました。子どものやりたい仕事を、子ども自身で選ぶことを許されているご家庭が、平成の時代に入って多くなってきたように思います。そのためにも小さな頃から習い事に行くことを勧めているご家庭が多いのではないでしょうか。昔からある習い事の一つとして、ピアノが挙げられます。近所にお住まいで、ピアノ経験がある方がピアノ教室を開いていたり、楽器専門店が行うピアノ教室もあるなど、一所に留まらず多くの方にピアノは愛され続けているように感じます。よりピアノを習わせたいという思いから、ご自宅にもピアノを購入するご家庭が増えていることが、その理由と言えるでしょう。愛好家は自らピアノを調律してしまうほど、色々な人に親しまれているのです。ピアノの調律は難しいとされているため、始めたての方には少し難しい作業かもしれません。

安くピアノを購入した場合
ピアノはとても高価なものであり、使用されなくなった際に置き場所に困ってしまう方が多いことから、使用しなくなったピアノを楽器専門店で買い取ってもらい、新しくピアノを始めたい方が購入する場合があります。いつまで続けるかわからないが、子どもがやりたいことを応援したい気持ちから、購入を決める方も多いです。ですが、そういったピアノは中古ですので、いつピアノの調律が必要になってくるかはわかりません。ピアノの調律はピアノのお手入れ同様、とても繊細なものですので専門の知識が無くては大変難しい作業です。音感を鍛えようとピアノを頑張っていても、そのピアノが調律をされていなければ、間違った音で覚えてしまい音感を狂わせてしまいます。中古でのピアノを購入するなら、まずピアノの調律から始めましょう。

正しい音を続けるために
ピアノが調律された状態で、長年使用を続けていれば、弾いている際に音のずれを聞き分けることが出来ます。調子の外れたピアノは調律がされておらず、それでは練習にならないため、些細なズレも弾いている方は聴き逃しません。ピアノの調律が必要になった際には、すぐに分かるようになってくるほど、ピアノは音感を鍛えてくれる存在です。ピアノの調律が必要となった場合には、ピアノを調律することに優れた業者へ依頼をしていきましょう。ピアノを調律することで、よりキレイな音色がご家庭に響き渡ることでしょう。

ピアノにもメンテナンスが必要です

ピアノは繊細です
弾いていなくても長い時間がたつと少しずつ音程が狂ってきます。ピアノ調律をしていないものは、音が綺麗に和音になりません。気にならない方もいるかと思いますが、ピアノ調律を怠ると小さいお子様の教育に影響がある場合があります。つまり間違った音の感覚を覚えてしまいます。そして故障にもなりピアノ修理が必要になります。高価なものなので、少し気持ちが引いてしまうこともありますが、車と同じように使用頻度や設置場所により状況に応じたメンテナンスやピアノ調律が必要です。

ピアノの設置場所の環境
大半の楽器は、保管状況湿度や湿気に敏感です。修理が必要な楽器の大半は、保管状態が悪くそのままになっていてパーツをばらしパーツひとつひとつのメンテナンスをするところから始める場合があるようです。ピアノ修理も同じようにパーツをばらしメンテナンスをするといったこともあります。ピアノ修理ができない場合は、パーツの交換をすることもあります。そういったことにならないように、室温は15~25度、湿度は50%前後で保管できるようにしましょう。

ピアノ調律
くりかえしの話になりますが、放っておくと少しずつ音が狂ってしまいます。定期的にピアノ調律が必要になってきます。少しでも違和感やおかしいといった状態でしたらピアノ調律をお勧めします。せっかく自宅にあるピアノを眠らせておくのももったいない・・・。
ピアノ調律、メンテナンスをして美しく綺麗な音色で気持よく楽しくピアノを弾いてみませんか?

いつまでも綺麗な音色で

お家にピアノがある家庭は少なくないのではないでしょうか。ピアノはこまめに調律をしなければならないもの。ピアノの調律を放置した時点からピアノの寿命のカウントダウンが始まっていると言われるほど、ピアノの調律は大切なのです。
ではなんのためにピアノの調律をするのでしょうか。
ピアノは調律をしないとだんだん音が下がってきます。そうするとピアノ本来の音色が出なくなり、それどころか汚い音色になってしまいます。ピアノを調律するというのは、汚くなってしまった音色を元の綺麗な音色に調節する作業です。ピアノの音程が狂ってしまう原因は大きく分けて2つあります。
一つ目は、ピアノの弦には常に20トンという力が加わっています。そのまま放っておくと弦自身がこの緊張を解こうとする動きが生まれるため、その結果弦がたるみ音色が狂ってしまいます。
二つ目は、一年を通して生まれる温度と湿度の変化。温度の変化は金属の部分や弦を拡張させたり、収縮させる原因に。湿度の変化は木の機械部分に影響を及ぼす原因に。これらの温度・湿度の変化でも音色を狂わせています。
定期的にピアノを調律することで故障している部分を早期発見することもできます。
またピアノを長い間使わないまま置いておくと、鍵盤からの力をハンマーに伝える部品が外からは見えませんが内部では壊れているという場合やハンマーのフェルト部分が虫に食われてしまっている場合も。当然こうなってしまったらピアノ修理も大がかりなものになってしまいます。こういった最悪の場合を避けるためにも定期的にピアノの調律や点検をする必要があるのです。
最低でも年に一回はピアノの調律をしてあげることが大切になってきます。
ピアノを調律することで、いつまでも綺麗なままの音色を保つことができます。

ピアノの音色のために冬にできること

ピアノの調律の頻度は多くない
ピアノを持っていらっしゃる方は、定期的にピアノの調律を業者の方に依頼されていることとは思いますが、その頻度は人によって多少の差はあれど、平均すると1年に1~2度という方がほとんどだと思います。こうして見ると、ピアノはちょっとしたことで音が変わってしまうのに案外低いのではと思われる方も多いのではないでしょうか。しかし、ピアノの調律をするとなるとやはり大がかりな作業になるので、そんなに頻繁に行なうことは難しいということも事実。少しでもピアノの音程が変わらないようにするために、日頃からできることにはどのようなものがあるのでしょうか。

音が変わる最大の原因とは
ピアノの音色が変わってしまう原因となるのは、ピアノが置いてある部屋の「温度と湿度の変化」。ピアノの部品となるフェルトや木材といったものはこの2つの影響を多大に受けてしまうので、常に快適な状態を保つということが何よりも重要になります。そのような理由から、これから寒い冬の季節を迎えるにあたってもっとも注意していただきたいのは、ピアノの部屋での暖房機器の利用方法。ピアノの乾燥しすぎを防ぐために暖房機器からの風がピアノに直接当たらないようにするということは何よりも心がけていただきたいことです。ピアノの反響板などが乾いて収縮することになり、ピッチが下がってしまうだけでなく、ピアノそのものが壊れてしまう原因となります。

キーワードは「適温・適湿」
このように、ピアノの音色を守るためにいちばん注意しないといけないのは、部屋の温度と湿度を最適な状態に保つということが最も重要であるといえます。具体的な数字でいうと、温度は15~25度程度、湿度は50%程度を年間を通して保つようにしてあげることがいちばん良い状態であるといえます。ピアノの調律を欠かさないようにすることはもちろん、部屋の温度と湿度の管理にも注意するようにしましょう。

水没したピアノの修理

ピアノは、住宅に設置されると長くその場所で使われます。様々な家族の出来事にも立ち会いますし、家に何かがあると、その影響も受けます。

東日本大震災での津波はその一例です。
ピアノの設置されていた部屋に津波で海水が流れ込み、横倒しになったり、あるいはそのまま流されてしまったピアノもあるでしょう。
ピアノの主要な構造は木材で出来ています。海水を吸い込んで膨潤し、表面の塗膜が割れてしまう事もあります。
また、ピアノは通常、横方向の力が掛かることはあまり想定されていませんから、脚が割れてしまったりしたようです。

ピアノの弦は、金属製です。海水をかぶったまま放置すると、瞬く間に錆びてしまいます。そうなれば、元通りの音を奏でるのはかなりの困難を伴うはずです。

海水にかぎらず、ピアノは基本的に水に濡れるのを嫌います。万が一、雨漏り、水害などで水を被ったピアノは、なるべく乾燥させることが必要ですが、だからといってドライヤーやストーブなどの熱風を当てるのはお勧めできません。

急激な湿度の変化はピアノを傷めてしまいます。

デリケートなピアノの場合は、出来れば建物の2階以上など、高い場所に設置すると、水没などの被害から逃れることが出来るのではないでしょうか。

もし、水没してしまった場合は、早めに専門のピアノ修理業者にご相談されることをオススメします。もしかすると、そのピアノにピッタリの修理方法などを立案していただけるかもしれません。

ピアノの調律師を選ぶポイント

ピアノの調律師を選ぶきっかけはさまざま

ご自分が気に入って購入したピアノ。高価な買い物でもあるので、なるべく長い期間ずっと愛用していたいと思うものですよね。そのために欠かせないものといえば、やはりピアノの調律。気温や湿度によって、適切な管理をしていないとピアノの音程がだんだんとくるってきてしまうので、ご面倒でもピアノの調律は年に1度は行なう必要があります。初めてピアノの調律師を依頼するという方は、購入したメーカーやお店で初回無料ということが多いのでそちらでそのままお願いするか、ご自分が教わっている先生にピアノの調律師の紹介を受けるという方が多いのではないでしょうか。しかしながら、そのような状況になくご自身で業者を探すという場合、どのようなことを基準にすればよいのでしょうか。

サービス業の一面もあります

ピアノの調律師というと職人のようなイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。確かに高い技術力が必要になってきますし、その技術力を知る手掛かりのひとつとして、ピアノの調律をどこで学び、どのような経験を積んできているのかといった経歴を知ることはとても大切になってきます。それに加えて、例えば見積もりの段階で料金の詳細な内訳を教えてくれるかどうか、人柄や感性がご自身に合うかどうか、いわゆるサービス業としての一面を確認することもピアノの調律師を選ぶ際には非常に重要です。

最適な調律師を選ぶために

ひとくちにピアノの調律師を言っても、その数は多数存在しますし、その調律師によって得意な分野はさまざまです。それらをひとつずつ調べていくには時間も労力も大変かかってしまいますので、そのようなときには、インターネットの比較サイトや一括見積もりサービスを利用するなどして、ご自分に最も合うピアノの調律やピアノ修理の業者を選ぶようにしましょう。

ピアノの点検は定期的に行いましょう。

ピアノの調律や修理は専門家に任せるようにしましょう。ご自分でされることは避けたほうが無難です。実際に自分で直してみようとおもって、結局できず、壊してしまった、という例もあります。
安くは無い楽器なので、大切に扱いましょう。そんためにも、ピアノの調律や修理はピアノの調律や修理の専門業者に依頼してピアノの調律や修理をしてもらうことが賢明です。
ピアノの調律や修理というと、高いイメージがあり、ピアノの調律や修理をしてもらおうをおもうと、お金が掛かるという声をよく聞きますが、そんなことはありません。最近では、ネットで簡単に見積もりを作ったりして、比較することもできるので、そのような結果を参考にして、しっかりとピアノの調律や修理検討してみましょう。
そうすれば、どのピアノの調律や修理の専門業者がもっともてきとうか分かりやすくなりますので、是非利用してみてください。
ピアノの調律や修理というと、しなくても、ピアノが弾ければいいという方もいますが、それはよくないです。ピアノの調律や修理をしないと、ピアノの音が狂っていても分からなかったり、または、ピアノが直さなきゃいけない段階に来ていても、放置されて、されに壊れてしまったり、非道状態になると、おとが出るだけ、ということにもなりかねませんので、適切な時期にピアノの調律や修理をしてもらうことが大切です。
それがいつかですが、だいたい1年に1回はピアノの調律や修理で専門業者にピアノをみてもらうことが必要でしょう。
そうすればちょうどいい頻度でピアノの調律や修理を行い、ピアノが調子が悪い時はいつなのか、分かりやすくなるので、壊れる前に、直すことが可能になります。そのように早期発見を行っていくために、ピアノの調律や修理を定期的に行いましょう。