時間の空いたピアノ調律

ピアノ調律をしていますか?

ピアノ調律というと、わりと長い時間ピアノ調律に時間を取られることや、ピアノ調律師を家に招いたりしなくてはならないため、
なかなかピアノ調律に時間を割くことの出来ない人も多いのですが、実は多くの方がピアノ調律をかなり長い時間空けてしまっている可能性があります。最低でもピアノ調律は1年に1回は行ったほうが良いと言われています。
これは弾いていないからピアノ調律の必要が無いとか、そういったことは無く、弾いても弾かなくても、ピアノ調律はしなくてはならないのです。

何故ピアノ調律は必要なのか

ピアノ調律は何故必要なのでしょうか?ピアノ調律とひとくくりに言ってもピアノ調律は単純にピッチを直したりするというわけではありません。ピアノ調律をするということは、ピアノ調律以外にも若干のピアノ修理が含まれてきます。
ピアノのピッチだけではなく、響きはどうか?キズは無いか?ということまでしっかりとピアノ調律師に見てもらうことが出来ます。
ピアノ調律を怠ると、音が悪くなるばかりでなく、手入れ不足が祟って害虫などの住処にされてしまう可能性もあります。
こうしたことを防ぐためにも、ピアノ調律師のようなプロにピアノの様子を見に来てもらうことが大切です。

ピアノ調律は自分ではできない

もちろんですが、ピアノ調律師さんは特別な機械や道具などを用いてピアノ調律をします。
素人が簡単に出来るものではないのです。またピアノ調律は高音と低音であえて若干ズラしてあります。
こうしたことを考えると、ピアノ調律をするには耳の聞いた技術のあるピアノ調律師に来てもらうことが大切だということが分かります。