ピアノの調律は愛用のピアノを長く使うために必要です

ピアノは調律をしないと少しずつ音が下がっていきます。その結果、せっかく弾いても、音が汚くなってしまうことがあります。ピアノ修理のためのメンテナンスとピアノの調律はセットで適度な頻度で続けていかなければならないことです。
ピアノの調律は人間の場合で言う定期的な健康診断のようなもので、ピアノ修理はお医者さんに診てもらう、点検作業のようなものです。ピアノの調律をすることで、心地良い音色を保つことができ、また、ピアノ修理を続けることで、愛用するピアノをより長い期間使い続けることが可能となります。
ピアノの調律は最低でも年に1回してあげましょう。また、ピアノ修理は弦が切れたり、ペダルの調子が悪くなったり、不調が出てきた時点で、その都度してあげるようにしましょう。ピアノを調律することでピアノの本来の性能を発揮し、また、ピアノ修理に出すことで愛用のピアノを長生きさせることができます。ピアノの調律ですが、買ったばかりのぴあのであれば、現が伸びきっておらず、安定していないため、年に4回ほど診てもらうようにしましょう。また、ピアノ修理は壊れた都度することは当たり前ですが、長く使うため、定期的にメンテナンスに出して、未然に故障を防ぐことも大切です。
ピノの調律と、ピアノ修理は、愛用のピアノを長く使っていくために続けていかなくてはならない、定期的に続けていく「健康診断」または「人間ドック」のようなものであると言えるでしょう。