冬場のピアノ調律の注意点

呼吸するピアノ
ピアノは木材でできているため、常に室温や湿度に影響を受けて内部に水分を吸収したり、逆に吐き出す呼吸する楽器とも言われていますが、この性質のお陰で、不安定な環境に設置されたピアノは常にピッチが安定しないために、本来であれば温度湿度を管理された環境に設置することが望ましいとされています。温度は20度程度、湿度については常に50パーセント程度を維持しておくと良いと言われていますが、よほどの専用のお部屋でなければこうしたお部屋は無いお家の方が多いかもしれません。

冬場の室内の問題点
特に冬場は室内で石油ストーブを使われたり、夜寝る時には全ての暖房を切ってお部屋が氷点下近くまで冷え切ってしまうといった極端な変化をするので、注意が必要です。
調律については、本来いつ行なっても良いと言われていますが、こういった環境下で使用されるピアノは、いつ調律しても狂ってしまう場合が多いので、その辺りは調律師の方と話し合いながら進めていくと良いでしょう。

湿度の管理
温度管理はエアコンがあるとしても、湿度の管理というのはどうすればいいか意外と知らない方も多いようです。湿度、特に除湿の場合は専用の除湿機が販売されているので、エアコンを使わない時期でも湿度管理をしやすくなっています。また、冷暖房の時期ならエアコンの除湿モードを使うことで湿度が高すぎるお部屋に適したものといえるでしょう。
逆に湿度が低すぎる場合は、加湿する必要があります。これは専用の加湿器を用いるとよいでしょう。