演奏者と調律師で音を作る

・調律の必要性
ピアノに限らず様々な楽器には調律をすることできれいな音を保ちつづけることが出来ます。しかし、調律の目的はそれだけではありません。楽器を演奏する奏者は自分の癖などに合わせた音に調律をする方もいらっしゃいます。調律とはそういった自分がこだわる音をだすために行うことでもあるのです。ピアノのような弦を張る楽器は使っていてもいなくても、弦が緩み、音が変わってしまいます。そのため定期的に調律を行うことでこだわりの音や、きれいな音色を保つことにつながるのです。

・ピアノ調律師
ピアノ調律師とは名前の通りピアノ調律をなりわいとする人のことです。ピアノは多くの楽器の中でも、演奏者と調律師が別々に存在する数少ない楽器です。そのためピアノ調律師は演奏者の求める音を作るための確かな技術を持っているのです。前述の通り、演奏者のなかには音にこだわりを持つ方は少なくありません。そういった方々一人一人の望む音を作り出せるピアノ調律師はピアノの世界に無くてはならない存在と言えるでしょう。

・調律も演奏の一部
ピアノ調律師は演奏者の事を理解し、演奏者の望む音を作り出すことが出来ます。音楽ホールなどには専属のピアノ調律師がいることもあり、そういったホールでの演奏は、演奏者にとって理想の環境と言えるでしょう。そういったことから調律も含めて演奏だと言う見方をする方が少なからずいるようです。演奏者の癖に合わせた調律が行われたピアノで演奏することが演奏者にとっては最高の環境と言えるでしょう。