ピアノの調律師を選ぶポイント

ピアノの調律師を選ぶきっかけはさまざま

ご自分が気に入って購入したピアノ。高価な買い物でもあるので、なるべく長い期間ずっと愛用していたいと思うものですよね。そのために欠かせないものといえば、やはりピアノの調律。気温や湿度によって、適切な管理をしていないとピアノの音程がだんだんとくるってきてしまうので、ご面倒でもピアノの調律は年に1度は行なう必要があります。初めてピアノの調律師を依頼するという方は、購入したメーカーやお店で初回無料ということが多いのでそちらでそのままお願いするか、ご自分が教わっている先生にピアノの調律師の紹介を受けるという方が多いのではないでしょうか。しかしながら、そのような状況になくご自身で業者を探すという場合、どのようなことを基準にすればよいのでしょうか。

サービス業の一面もあります

ピアノの調律師というと職人のようなイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。確かに高い技術力が必要になってきますし、その技術力を知る手掛かりのひとつとして、ピアノの調律をどこで学び、どのような経験を積んできているのかといった経歴を知ることはとても大切になってきます。それに加えて、例えば見積もりの段階で料金の詳細な内訳を教えてくれるかどうか、人柄や感性がご自身に合うかどうか、いわゆるサービス業としての一面を確認することもピアノの調律師を選ぶ際には非常に重要です。

最適な調律師を選ぶために

ひとくちにピアノの調律師を言っても、その数は多数存在しますし、その調律師によって得意な分野はさまざまです。それらをひとつずつ調べていくには時間も労力も大変かかってしまいますので、そのようなときには、インターネットの比較サイトや一括見積もりサービスを利用するなどして、ご自分に最も合うピアノの調律やピアノ修理の業者を選ぶようにしましょう。