ピアノ調律や修理に関してお困りのことはありませんか?

ピアノの調律

ピアノは調律をしないで放っておくと少しずつ音が狂ってしまいます。具体的に言うとピアノの弦の緊張を解こうという力が加わって弦が緩み、音が下がっていくのです。ピアノの調律はこれを直し美しい音色に戻す作業です。ピアノの調律は半年に一度くらいのペースで行なうのが良いと一般には言われています。ピアノの調律をしないで放っておくとどんどん音が下がってしまいどんなに美しく弾こうと思っても美しい音色は出ません。また、弾き方が素晴らしくてもピアノの調律をしないまま弾くと聴く人に感動を与える演奏はできないでしょう。また、絶対音感がある人なら音の狂いにも敏感になるので、音がおかしいなと思ったらピアノの調律をお願いしたほうが良いでしょう。

調律師の条件

ピアノの調律や修理をするのは専門の学校を卒業したピアノ調律師という人です。調律師になるにはピアノとの兼ね合いから身長が150センチ以上が目安とされており、それ以外にもオクターブの鍵盤に手がとどく手の大きさなどいくつか条件がありますが、それと共に必要なことは細かい音の狂いを聴き分ける耳の良さです。耳の良さを保つには普段からヘッドフォンを使わないなどの日常の努力・工夫が不可欠といえます。専門の分野で活躍する人には共通することですが、その分野独特の求められる物・必要とされるスキルがピアノの調律の世界にもあります。耳だけで音の正確さ良し悪しを判斷する調律師は、専門分野の中の専門分野といえるかもしれません。常日頃の努力と注意・絶え間ない勉強が必要になってくる上に、しばらく仕事をしないと耳の感覚が鈍ってしまうという調律の世界はとてもシビアな世界だと言えそうです。

調律に向いている人

楽器の調律、ここでいうところのピアノの調律の世界は、はっきりとした正解・不正解があるわけではありません。個人のこだわりがものをいう世界です。ですので、性格的にどのような人が向いているのかというと一概に定義づけることはできません。どのような分野においてもそうですが、ピアノの調律の世界でももちろん端的にいうことはできません。しかし、ピアノを調律する際の細かい仕事や技術、ピアノに対する確かな判断力、ピアノに精通している知識、ピアノの調律技術、ピアノに対する愛着が必要ですし、一つはっきりと言えることはピアノの調律に関して集中力と継続力が人一倍あることといえるかもしれません。ピアノの調律の仕事においてこの二つが欠如していると調律の仕事は難しいでしょう。